2019年7月17日 (水)

西丹沢 モロクボ沢へ

連休最終日の明日は9時頃までは雨予報 その後は曇り

夕方は雨予報

ううむ とりあえづ現地まで車を走らせた

お一人様だし何とでもなるからな

計画したのはモロクボ沢

10年前に一度訪れたことがあるけど大滝を登ってからの滝、釜、ナメが

綺麗だったけどその後は平凡で後半が長いという印象だった

西丹沢ビジターセンターの方に今朝までの降水量のことを聞くと

雨は降っていたが川の水量はいつもよりは多めだけどとの話

河内川を覗き込むと流に勢いがある。濁りはないけど

入渓ポイントで判断しようと歩き出す モロクボ大滝まででもいいかもななど考えつつ進む

で、入渓 水量は遡行するには問題ないかんじだ 

1280dsc04450

汗だくになりながら大滝へ しばし眺めたり写真撮ったりと

一人で盛り上がる

1280dsc04482

大滝から先の釜&滝 光が足りずに暗い感じだけど

このセクションは綺麗だ

今日は畦が丸ではなく善六山を目指すことにする 

途中から尾根を辿る

バリエーションの尾根歩きになるので慎重に地図読みをしてピークへ

ピークからは西方面へ

善六のタワに合流 

登山道を降り西丹沢ビジターセンターへ

寒いと思って厚着していたのですっかり汗だく

1280dsc_0484-2

で、アイスキャンデーののぼりダッシュ!

夏ミカンガリガリ君(150円) 体に沁みました

混み混みの246を走って連休最終日は無事終了

沢に行けてよかったです

ヤマレコ↓

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1929574.html

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

梅雨寒 7月連休、真ん中の日

雨 朝から・・・

久しぶりの伊勢原

1280dsc_0470-2

雨の日の朝一はすいている 1と7で練習させてもらう

シングルノータイマーJAPANで回る 16/25 9/25 よかったあたって

1280dsc_0476

オギノパンで揚げたてのアンドーナツ 美味しい

1度家に帰って午後からはそらよん

指と手首の様子を見ながら2時間程度

1280dsc_0479-2

沢っぽい課題で遊んでました

1280dsc_0480-2

行きたいと思っていた白金台のカフェ クロミミラパンでお茶タイム

美味しい また来よっと

明日の天気はどうかな・・・

 

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

東京盆と川越の秀山

雨ばっかり寒いし・・・なんか最近天気おかしいよねが

口からぽろっと出てしまってますが

梅雨なのだよ 今年はオホーツク高気圧頑張ってるようで

平年の梅雨明けは7月21日前後なので まぁそんなもんだろと

データを追ってみるといかに自分が曖昧に語っているかバレバレですわ

ブログの記事を遡ると暑い年、寒い年、雨ばっかの年と、まぁいろいろ

去年は6月下旬には梅雨明けしていてこの連休はガンガラシバナ目指していたな

天気は最高だった。雪渓であっけなく敗退したけど

今年は泊りで狙ってる沢もなくお盆の法要へ 

自分がこうして沢登りできたり山スキーできたりするのは、自分の中に

脈々と受け継がれている体力や気質、その他もろもろで、そこは両親やご先祖様のおかげと

思わなきゃと思っていて 今年は山の上や谷の中からではなく下界で手をあわせる

いつもお経をあげてくださる住職が入院中で後継の方がご供養をしてくださった

後に続く人がいることが あたりまえでなくなってきているこの頃

後継ぎのお坊様の緊張が伝わってくる お経やお話に若い力を感じる法要だった

1280dsc_0464-2

帰り道 久しぶりの珈琲譚

明日は大雨になるとかでううむ どうするかな

数日前に川越に移転した秀山荘に森さんのお見舞いがてら

登攀のシステムに関してのご相談にいったのだが

で、買ってしまった

1280dsc_0467

一番右のクロールというチェストアッセンダーを購入

簡易チェストハーネスの作り方もご教授していただいた

1280dsc_0459

ついでにスワミベルトを購入 沢専用のハーネスが

ボロボロでね~軽いのがほしかったんだけど

ソロで行きつけの沢に行くときはこれで充分だ

ラぺリングもテープスリングでレッグループを付ければ問題ないとか

太もものあたりがうるさそうだけどね(昔、道具を忘れた友人に

ハーネス貸して自分は簡易ハーネスで遡行したこと思い出した)

ガチャ類はリュックにつければよいとのお言葉

両方どこかで練習したいなと思いつつ どこがいいかと思案中

明日は山は避けて久しぶりにクレーでも

 

 

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

梅雨まっただ中 表丹沢 小草平ノ沢

天気予報に一喜一憂する毎日

今週も天気はいまいちなので短め&水量の少ない沢ってことで

小草平ノ沢

雨雲メッシュ見ると遡行中は雨は大丈夫そう 

で、ひさしぶりのMちゃんとの沢登り

1280dsc04360

小草平ノ沢は暗めでF1、F2と滝が立っているので

朝一だと特に気持ちがイケイケになれない  

そんなに難しくないのだけどね

128066415409_2359319364150030_5453858315

ここはF2?だったかな Mちゃんが写真を撮ってくれた

Mちゃんも久しぶりとのことで積極的にお助けひも活用

1280dsc04381

CS4m 今日の自分の核心はここかな

後半部の二俣にある7m滝は左岸の巻きのほうがいやらしそうで

右壁凹をいくも上部がちと嫌らしくもたもたしてしまった

ここは練習がてらロープを出す

何とか無事に遡行できたけど自分のリーダー力はまだまだで

お付き合いいただいたMちゃんにほんと感謝

1280dsc04408

丹沢の森はガスに煙っている この時期の蒸しっとした

山の色も好きだなぁ

1280dsc04414

ヒルさんの活動期でMちゃんは初吸血

私はストッキング着用とスプレー

(靴の中にいらした2匹はお持ち帰り)

で今日もすわれることはなかった

1時前には車に戻り湯花楽→じばさんずでゆでとうきび

5時前には自宅

もう一日 表丹沢で遊ぶかなと思ったりもしたが濡れた衣類と装備 

靴に隠れているだろうヒルのことを考える

今日は車中泊する気にならず秦野を後にした

ヤマレコ↓

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1915898.html

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

雨の葛葉川本谷 表丹沢林道まで

6月の最終土曜日 梅雨まっただなか

職場の若者たちとハイキングの予定だった 曇り雨予報の明日

初心者の若者もいるし天気がいい日に再度企画するとして中止

さて、ぽっかり空いた土曜日 明日はどうするかなと再度天気予報を見直す

丹沢は予報では午前中に30ミリ程度の雨 奥多摩は前日に10ミリ(こりゃだめだな)

と思ったら曇り予報にかわったりと

GPVの予報値はどんどん変化する 風向によって雲の流れは変わってくるし

風のぶつかり合いによってできる雲の行方も定まらず・・・

数値が変化する あたりまえだけど 

今回は変化が激しい いける!だめだこりゃ~が交互にやってくる

予報見るのも疲れてきて

準備だけして寝ることにする

朝、自宅付近は霧雨 天気予報は10時頃からお昼ごろまで雨の止み間 

とりあえず一番近い葛葉に行って考えようと出かける 他にもお楽しみはあるし

葛葉の泉に到着 雨模様 ガイドツアーの方たちがぞろぞろとやってきて準備をはじめた

さて、どうしたもんだろう 

雨は弱まる時間帯もありそんなに増水もしてない

今日は表丹沢林道までとすることにして出かけてみた

1280dsc04284

ここから入渓

1280dsc04287-2

蜘蛛の巣アート

1280dsc04293

登れる小滝ばかりでいい沢です ひとりなので慎重に登る 歩く

1280dsc04327

あっという間に曲がり滝 ここから林道にはいあがる

一時間ほどでついてしまった

1280dsc04341

森は乳白色

1280dsc04340

キイチゴがね そろそろ

先週の復習とかいろいろと

やりたいことはあったけど 天気が天気なのでまぁいいかって感じになりました

葛葉川本谷はアプローチ楽ちんで登れる小滝が続きあきさせないし途中(表丹沢林道)

でやめられるし 自分にとってはお手頃です

1280dsc_0439

お風呂はこちら 割引券もらってたので500円

1280dsc_0440

黄色っておいしそう

1280dsc_0441

じばさんずでトウキビと野菜と果物をかって帰る

来週はどうだろね

ヤマレコ↓

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1910392.html

| | コメント (0)

錦糸町のクライミングジム

先日、kamog先生の講習でご一緒させていただいた

Iさんにお声かけいただき

錦糸町ジム Tウォールへ

久々のジムでのロープクライミング

ほとんどIさんにビレイをしていただき恐縮です

登る合間に沢のお話なんぞさせていただき

心が躍る~

1280dsc_0436

楽しい時間でした

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

kamog先生の沢講習 表丹沢 モミソ沢

kamog先生のモミソ岩&モミソ沢&バリエーション尾根下山講習会に参加

隊長が明日から月山に出稼ぎ 私の沢ライフは一転する

自分がTOPで登りきれる沢しか行けなくなるのだ

まぁいくつかの慣れ親しんだ沢もあるので、そんなところへ何度か足を

運ぶのもいいだろうけど、行ったことのない沢も行ってみたいし

仲間と一緒に行くとなると自分が引っ張っていくことになるとすると

ひとりでは行けてもフォローしながら安全に行けるのかってとこもある

すると技量がね・・・ってことでお勉強にいってきました

1280dsc04189

モミソ岩にてハーケン打ったりロープワークしたり

1280dsc04241

で、午後からモミソ沢へ入渓 この時期に来るのは初めて(ヒル問題で・・・)

1280dsc04273-2

モミソの大棚 一昨年 初冬の岩がドライの時にリードしたなぁ

今日は濡れていてちょっと気持ち的に消極的になってしまった

下山はモミソ沢の南側の尾根 バリエーションルートで

ヒルちゃんたくさんでした 私はすわれませんでしたが一緒に受講した方で

吸血された方がいらっしゃいました

1280dsc_0421-2

帰り道 本日ご一緒させていただいた方たちと夕飯を

ほりかわ珈琲店へ

1280dsc_0423

珈琲も美味しかったですがカレーも美味しかった

盛りだくさんのの一日 とても楽しくお得な日でありました

会いたかった女性のクライマーのIさんにもお会いできたし

こちらはkamog先生の講習の記録です リンクをはらせていただきました

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1905829.html

 

 

 

 

| | コメント (0)

雨の止み間に奥多摩 水根沢谷

中高年沢のぼらーの我がチーム

天気予報にくじけ、体の痛みにくじけ、入渓したとしても暗い、時間ない、

水冷たいと何かとくじけておりますが

沢始めの定番の水根沢にやっと行ってきました そして途中から切り上げることもなく

お決まりの半円の滝まで行ってきました

1280dsc09710

ここ一番好きなアトラクション

1280dsc04170

水根集落に咲くジキタリス 綺麗でした

水はやや多いくらいでした

帰りに丹下堂で温泉(750円) 女主人のおばちゃんは元気そうだった

遡行の記録はヤマレコに↓

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1902111.html

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

午後から沢登り

隊長が月山に出稼ぎに行く前にどうしても登っておきたい滝があった

で、むりくり都合つけて午後から沢へ

アプローチ問題でいろいろあって入渓が3時すぎ

結局、やめた F3までは行ったんだけどね

1280dsc04060

勘七F1

1280dsc04052

ソロで行くしかないんかなぁ ソロで行ったことあるけど

その時はF5は巻いた

無理クリはいろいろとご迷惑がかかってよくないと思いつつ

出かけてはみたものの残念な感じに

米沢のおうちの管理もあってか 沢登りのサイクルがくるい気味で

ため息の週明けになってしまった 

 

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

畑のことと滝見物

 米沢親宅

この時期は草刈りメイン といっても管理人の隊長中心に事が進んでおりますが

週末の天気予報が悪くて 気っと山も沢も行けないだろうからとひと登りして米沢に向かう

1280dsc_0372

いつものそらよん ここはなんだか居心地がよいジムです

おばさんで登れない私でも登っていられる・・・ 小一時間ほど登って

金曜日の夜のうちに新幹線で米沢へ

1280dsc_0380

って、すでの次の日 育てたいと思っているルバーブは隊長が植えてくれた

きょうは予報通り天気がイマイチで山や沢に行く天気でもないし

畑仕事の天気でもないし それほどの大雨でもなく

こんな機会でもなければいかないだろうと滝見物に

1280dsc04014_li

小国の鰍滝へ 出た時間も遅かったのだが山ひとつ超えて林道ガタガタと走って

ここについたのが13時前

ここが滝へ降りていくポイントの別荘らしい

128062526773_2180685988646755_2779336267

滝には駐車スペースから徒歩1分 なかなか良いナメ滝

128064248242_2407898902633056_3521479909

このかんじも好きで

1280dsc_0395

さらに滝を登るとナメ床と飯豊のスラブ

視界がよければこの先に飯豊の山並みが見えるだろうに今日はどんよりしている

車を止めた林道の奥から地蔵岳に突き上げている赤石沢という沢の記録を

帰ってから見たが沢は飯豊にしては容易らしいが下山がひと工夫いるらしい

1280dsc_0382

林道沿いに咲いているシシウドがちょうど見頃 

この辺りは蕨で生計を立てているのだろうか?

と思うほどの蕨蕨・・・ しかし、住んでなさそうな家もあるな

1280dsc04030

湯殿山の石碑 立派だ 

1280dsc_0406

帰りはほたるという食堂でお蕎麦をいただく

1280dsc_0397

蕨のお通しがとてもおいしいかった

1280dsc_0399 

もちろんメインの料理も 

買物して帰ったら夕方になってしまった

直線距離にすればすぐかなって場所だったんだけど遠かったな

飯豊は深いな 深いゆえに魅力的なところだと思った次第です

1280dsc_0411

帰り道 お土産にサクランボを

ついでに山の駅たかはらへ立ち寄って下見

ここは桜沢、すっかん沢の起点になる場所です

次回の沢プランを思い描いて帰宅

 

| | コメント (0)

«西丹沢 大滝沢中流部ほんのすこし