2017年10月22日 (日)

週末のプランは白紙に→で・・・雨の金時山

台風がやってきているけどギアギリのタイミングで

半日だけは何とか遡行できそうな天気予報状況だったので
丹沢の超短めな水量少なめ沢を計画
今回は初心者の青年も含む4人パーティ
しかし
台風の速度がはやくなり、雨の中の沢デビューはつらいだろうし楽しくない・・・
そんなわけで計画は白紙に
白紙にしたものの、ちょっとやっぱり登りたい気分なので隊長と普通の山登りに行くことにした
往復3時間程度で比較的近くいとこ
そんなわけで選んだのが金時山
こんな時でもなきゃいかないかなぁとチョイス
雨が激しかったら箱根だから観光にシフトもできそうだし
で、朝二度寝したので11時過ぎに到着(アメダス見て一回くじけて寝てしまった)
そこそこに雨は降っているけど短時間の行動だったら
まぁ大丈夫でしょということで
雨具を着こんで出発
640dsc01355 公時神社で本日の無事をお参りしてから歩き出す
640dsc01358 びちゃびちゃしながら
640dsc01365 雨の登山道だなぁ
64020171021_115001 金時宿り石 登って向こうに行ってみたくなってしまう(いかないですけど。。。)
64020171021_130105_2 無事に到着 初、金時山でした。(隊長は40年ぶりらしい・・・しかもバイクできたとか・・・)
で、金太郎茶屋でお汁粉を食べて下山しました
ヤマレコにUPしました
→https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1292844.html
64020171021_151843 その後着替えてラッキイズカフェで金時ロールとカフェオレで体を温め
64020171021_163701 温泉会館でさらに温め
64020171021_210519 帰り道、海老名市にあるレッジで5.8,5.9を中心にマスターでリードの練習
あとはTRだけど5.10bの課題を登れてちょっと嬉しい 
ここは昨年、称名川本流の完全遡行した大西氏がセットしてくれた課題があってミーハーなおいらとしてはテンションが上がる(昨日は大西さんのトークショーがあったらしい)
ちょっと遠いけど、丹沢行ったけど雨で途中撤退や行ってみたものの水量多くては入れないとかその他モロモロのシュチェーションの時は大いに立ち寄りたいなぁ 
その後 多摩プラーザにある赤坂一点張でラーメンを食べて終了
雨だけど案外充実していた本日でありました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

予報通り雨降っちまった・・・

秋雨前線・・・横たわってます

昨日はなんとか行けただろうに(しかしお仕事だった)
今日はそこそこの雨に2度寝してしまった
雨で寒いのは楽しくないので、気合十分だったんですが山に行くのはやめときました
64020171015_172504_2 で、久々のストマジ
キッズピクナルで遊ぶ ここはチョークは禁止なので
手汗(手油)で滑るガバがテクニカルでちょっと楽しい
たくさんテンションをかけてしまったけど、それはそれさぁ
64020171015_174021 で、簡単な所をリードで何本か登らせてもらって、トップロープで10aまでのグレードを何本か 10b/cくらいから自分には登れなくなる
それでもロープクライミングは楽しい 隊長とは体重差があるのでビレイの時にお互い緊張する 登ることよりもビレイをなんとかせねばと思った次第です
2017/10/15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

米沢のカフェ

東京への帰り道 カフェへ

64020171009_153539

スッキリとしたコーヒーで私好み
ワッフルも美味しい
64020171009_150106_2 またいこうと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

朝日連峰 祝瓶山

3連休なので米沢へ

一日はお山へ
川入りからのタカツコ沢とか御前が遊窟とかいくつかプランはあったんですが
隊長が久々のお山なので(山小屋勤務ではあったが登山はほとんどしてないらしい)
ハイキングがてら米沢のおうちから比較的アプローチが近そうな祝瓶山へ
アプローチは奥深い山奥へガードレールなし、後半ダートな道を延々と走り到着までに2時間(以外に近くなかった・・・ナビが案内した祝瓶山荘は手前の小屋だったみたいだし)
東北のマッターホルンというだけあって急登が山頂まで続く しかも今日は暑い(ハイキング気分じゃ登れないかんじ・・・)
ちょっと裏切られる
640dsc01187 登山届はこちらで 届出用紙に記入 電話ボックスに昭和人な自分は興奮・・・
640dsc01189 祝瓶山荘 トイレはレトロだけどありました 水場もあり
640dsc01197 野川にかかる傾いた橋 
640dsc01206_2 しばし歩くとブナ こんなとこで泊まってのんびり過ごしてみたい(来シーズンは釣りをやるぞと決意表明!)
640dsc01224 急登 きついっす
640dsc01226 登ってきた尾根 なかなか・・・
640dsc01234 紅葉が旬
640dsc01237 右手に広がる大スラブ壁 沢を辿ってこのスラブを登れたらきっと楽しいに違いないだろう
640dsc01249 山頂間近になると赤ペンキの矢印
640dsc01255 ゼーゼーハァハァ
640dsc01259 ガスガスになってきた
64020171008_121834_2 で、やっとのことで山頂
64020171008_122648 しばらくするとガスが抜けてあでやかな山肌
640dsc01276 紅葉の中をゆっくり下山
640dsc01264_2 この時期だけの山の景色をじっくりと眺める
640dsc01292 分岐から赤鼻目指す
640dsc01299_2 この切れ込み いいぞいいぞ
640dsc01301 赤鼻からの急斜面がなかなかハードでね~鎖にロープ多数
64020171008_141511 途中、ブナハリ発見
640dsc01337_2 再びブナの森
640dsc01341 後ろを振り返ると、とんがりお山
640dsc07087 つり橋を渡って、祝瓶山荘へ
沢は行けなかったけど今回も素晴らしい景色に出会え良い山でした
下調べはあまりせずにのんきなハイキングになりそうかな~と思いきや案外ハードで山頂まで遠かったです。
その分やりきった感はあって山に満たされました
今回の山行に題名を付けるとしたら 秋・スラブと紅葉と、とんがり山 かな・・・
朝日の山に浸ってみたくなりました
ヤマレコ↓
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1281482.html
2017/10/8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

谷川連峰 万太郎谷 井戸小屋沢右俣

平日に休みをいただいていたので

行きたかった井戸小屋沢へ
自分の力ではまだまだ(多分一生)無理な沢なので
豊野さんにガイディングをお願いした
10月になるとグッと気温も下がってくるし今のうちと思っていたら
強い寒気が入ってきてしまった
しかも前日は雨で南関東では土砂降りの雨
沼田でピックアップしてもらい
現地の土樽自然公園でビバーク トイレもあるしいいとこだ 
(今度、万太郎近辺に行くときはここで寝よう)
北関東でもそれなりに雨は降っていたらしい
新潟に入ると路面は濡れていた
朝起きると寒い
気温がぐっと下がっている
もう、水に浸かる季節じゃないなぁと思わせるほどの寒さ
早起きはしたが少し出発時間を遅らせて
いろいろ着込んで入渓 水量はやっぱり多め 水に勢いがあるが遡行できないほどではない
640dsc01014 入渓 堰堤は濡れたくないので右側から
640dsc01024 万太郎のナメ 水に勢いがある 綺麗だなぁ 朝日が当たってキラキラしてます
640dsc01031 いつも左から行く魚止めの滝?今日は右から トラロープが垂れている手前あたりから登ってトラロープ沿いに直上 巻に入ります
640dsc01030 ここから巻き上がります
640dsc01046_2 オキドウキョ 今日は水遊びしません 右岸から巻き
640dsc01048 おおお、キノコだ~
640dsc01065 で、井戸小屋沢に入って最初の滝 
640dsc01085 イイ感じ
640dsc01098 小障子沢の出合付近の滝 結局、右から巻いてこの上の滝もまとめて巻いて懸垂で降りる
640dsc01099 これは巻きに突入しているところ
64020170929_103417_2 この滝の手前のなんでもないところで滑って転んで岩と熱いキスを交わした・・・。前歯を打って口の中が切れて滴るほどの流血。でしばし休憩(10分程度直接圧迫止血)ドラキュラになったあたし・・・
640dsc01105 空が再び青くなってきた
640dsc01121 15mの滝 快適なクライミングで上がる
640dsc01133 本谷(左俣)との二俣
640dsc01138_2 右俣に入ってからの滝 ここはロープ出してもらいました
640dsc01139 登る豊野さん
640dsc01147 この滝がヌメリ気味でおいらにとってはちょっとしょっぱかった 
640dsc01154 ホールドが結構もろくて じわじわ上がったところ
640dsc01160 詰めあがっていくとトラロープが・・・ 信用できるか確認しつつあがる
640dsc01163 やった~稜線!朝出発してから6時間半 豊野さんに必死についていったおいらです
64020170929_133336 眺めがよく 風もさわやか気持ちの良い時間しばし稜線でお休みして
64020170929_133234 ギアを乾かす豊野さん
640dsc01170 下山開始
640dsc01177 途中、キノコを探しながら これは食べられるそうなのでお土産
640dsc01180 吾策新道 滑る~ ずるずるしながら下山
ヤマレコ↓
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1271760.html
(写真がダブったりしてます)
64020170929_161828 下山後岩の湯へ
64020170929_174840 その後、湯沢の某所で宴会 雨の中気にせず飲む!近所に住むゆーこりんがちょっと飛び入りし その後ビバーク なんか充実した一日だった
64020170930143900 おうちに帰ってキノコ汁 
すっかり満たされて、もうちょっと井戸小屋沢の余韻に浸っていたいそんな気分
豊野さんに感謝・・・
明日は沢に行くのはやめてボルジムかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

谷川 湯檜曽川 白毛門沢

ひとりに沢に行くにあたって

準備期間は複数で行くよりも多め
隊長に相談する
力がない分情報は多めに集める
天候が比較的良い日を狙う
一度は行ってる沢に行く
極力、軽量化に努める
で、白毛門沢
9月24日はお天気は申し分ない 気温も低くない
前日に土合入り朝日とともに動き始める
緊張でなかなか寝付けなかったけど
朝早いというのにバタバタと挙動不審のおばちゃん化してしまっている
落ち着け・・・・
入渓
足跡が岩にペタペタついていて
おいらの前にすでに入渓者がいるようだ
640dsc00798 有名な?ハナゲノ滝 今日の口癖は安全第一 左を登って途中から巻き上がる まだ空は薄暗い感じで慎重に行く
空が明るくなるにつれて気分も高揚してくる
直登したり巻いたりと進むが
登ってみたけどぬめるのでダウンしてまた違うルートを探してみたり
ヌメリがひどく巻かなと思って巻き上がるや、この巻きはやばいでしょと下降してやっぱり直登ラインを探してみたり
巻き上がりすぎてせっかくのハイライトのナメが登れないと藪をかき分けたり
スラブ帯を行くもドロドロヌメヌメのところを行ってしまい靴を地面にキックステップしつつトラバースしてスラブに復帰したりと
暑くなって今日が最後のシャワーだ~と遊んでいたらずるっとしたり
まぁ小さなあれこれはたくさんあったけどね
640dsc00928時折、秋の高山植物にいんじゃねと話しかけてみたり
640dsc00948 いろいろ書き込んだ地形図を必要以上に確認しつつ、左OK!とか言ってみたり(多分下ばっかりむいちゃってたかも・・・ 周り見て地形見ようぜってのが反省でもあったかな まぁ、視界がいいので何よりでしたけど)
640dsc00964 スラブ帯いけてるね!と独り言おばさんになったりと 沢の中でも挙動不審だったかも
640dsc00978 最後の詰めは踏み跡も明瞭で間違うことなく山頂直下 方向的には北西 11時過ぎには山頂 自分としては上出来です 早起きは三文の得なんだな・・・
ヤマレコ↓
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1266078.html
まぁひとりでいっても複数で行っても沢は楽しいけど 
次回は誰かに声かけて行こうと思う
64021687505_1537336496348325_490209 温泉は水上温泉のふれあい交流館(570円)
64022007520_1537336533014988_733572 駅前のキムラでラーメン食べて電車にて東京まで
今日の良き日をありがとう でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

寝坊 そらよんへ

64020170918_154309 雨は2時過ぎに止んだ 

明日はお天気らしいから沢行きたいなぁ
しかし、奥多摩・丹沢は積算降水量は70ミリ以上の雨 沢は微妙かなぁ ひとりだし
尾根歩き・・・気温上がるらしい暑いからやだ
洗濯ものも乾かないだろうなぁとあれこれ悩んで
いつも間にやら朝
しかも9時過ぎ
寝坊した
連休最終日
今日はジムだな 
8月のマンスリー シールはもうはがれているが面白いのでこだわってやっている
何日通っただろうか
昨日の疲れもあり肩と腕がだるい 
おいらの課題は赤のトリプル四角になっていた
いつものようにその課題しかやらない
部分的に練習しつつ、腕のこわばりをほぐしていく
常連の方にアドバイスいただいたりなんかして 
スラブは繰り返し何度も何度もとオーナーに言われたが
繰り返しやればできるんだろうか・・・と弱気になる
やっとのことでムーブを体が覚えてくれたようで
ビールで乾杯の気分となった
嬉しいもんだ
今週末の天気どうなんだろう
できれば上越方面に行きたいな
あれこれルートを悩む日が始まった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

台風の来る前に 前川大滝沢

今回はクライマーの方たちとセッション沢

台風18号の動きに翻弄されたけど行き先の天気は午前中は持つだろうと
前日峠駅入り
640dsc00534 峠駅 写真撮ってみる
640dsc_0428 さて、早朝から入渓 天気は曇り
640dsc00579 で、滑川大滝 攀じる人を探せ!
640dsc00603 で、早々に大滝巻き 左ルンぜから 久々にここを巻いたなぁ
640dsc00674 途中の滝でスラブ遊び 沢屋のおいらはフツーに右から
640dsc00682 幅広ナイアガラ もちろん登るですよ
640dsc00692 ヒョングリは登る班と巻き班
640dsc00693 登る班 おいらは巻き班
640dsc00754 黒い岩壁のトラバース おいら、ドボンで濡れたくないので鑑賞する 熱いぜクライマー
160dsc00744_2_2 こんな岩が出てくるたびに攀じる 寒いけど熱いぜ~(自分はお助けひもを出してもらいました・・・)
160dsc00761 目一杯遊んで桶木沢より脱渓
160dsc00768 帰りは雨模様 滑川温泉へダッシュ
外来入浴は4時までにあがらなくてはいけないらしく
冷えた体をざぶんと温め ホッと一息 ふ~よかったまにあって
自分としては今シーズンに入って3回目の前川大滝沢
いつ来てもいい沢です
皆さんジムではかなり登れる人なので、そんな方たちに遊んでもらい
ヘタレなおばさんとしては嬉しい限りでした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

おひとり様 表丹沢 勘七ノ沢

風邪をこじらせたので病院へ

抗生物質もらって何とか復活

中高年・・・無理は禁物なので今週は近場に決定

秋になったら仲間と行きたい勘七へ 下見も兼ねて

640dsc00342 一人なので公共交通機関利用 大倉から二俣へ 空は明るく 沢は天気がいいとそれだけでも気持ちが違う 
640dsc00367 二俣に到着して緊張のあまり挙動不審となるが、声出し確認して入渓。で、堰堤をこえF1に到着。ここがいけなかったら小草平ノ沢に転進しようかと思っていたが難なくクリア 水量はどうなんでしょ 微妙に多いか?(渋沢のパンやのおばちゃんが昨日は雨降ったみたいなこといってたしなぁ・・・)
640dsc00376 F2 あとは楽勝と思っていたのですが最上部で片足ずるっで冷や汗もんでした 右から登りました
640dsc00385 F3は右をへつって水線の右を
640dsc00396 F4は2段になっています 一段目上がったところのトラバースが微妙にやらしい しかし ひもなんかもあるので いつになく親切な今日の勘七
640dsc00463 緊張でのどがカラカラ 今日は飲み物は1.5リットル持参 持ってるけど枝沢から落ちてくる水はいただいたりしている 表丹沢の本流は飲まないけど
640dsc00437 F5 ここは巻く
640dsc00439 左のルンぜを上がって落ち口を通り過ぎて安全なポイントで下降
640dsc00469 その先は連爆帯になる 今日はこの連爆帯を終えて脱渓するつもりなので水とまみれる
フォールナンバーがついてる各滝のビレイポイントの確認してと、まぁ連爆帯は必要ないかな
640dsc00490 さて880m付近から支尾根を上がるのでヒルよけスプレーを足回りに
640dsc00495_2 落ちてる枝をストック代わりに積極的に使う 楽だ・・・一般登山道でもストック使ってみたくなる 急なところではバイルを使ってみました
64020170909_121125_2 しばしあえいで1128mのベンチ ふうう ここで上だけ半袖Tシャツに着替える
640dsc00512_2 こんな風景に出会えると嬉しい
640dsc00527_2 初めましてのような気がする 丹沢クリステルさん 大倉尾根はかなり久々だし
640dsc00528 帰ってきました大倉バス停
64020170909_153515 暑いので地元でかき氷 練乳イチゴ(しあわせです!)
次回は仲間ときてF5をリードさせてもらおっと・・・
ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1250223.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

SMてぃの夏休み

64020170902_135928_2 そらよんからの
64020170902_173157 秀山荘からの

640dsc00111 月山からの~

32020170903_105127_2 月山ジドリからの

640dsc00215 前川大滝沢からの~
64020170905_083116 親宅の草刈りからの~
64020170905_143614 観光
おしまい
風邪ひいた....
ヤマレコ 
月山⇒ https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1244768.html
前川大滝沢⇒https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1247316.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«釜ノ沢 東俣 kamog先生の講習会