« 葛根田川 北ノ又沢へ | トップページ | ファンフォン »

2014年9月28日 (日)

水無川 セドノ沢左俣(書策新道まで)

9月に入って遠征続きでおじさん、おばさんは疲れ気味。arayan隊長は膝痛があり今回は短めに一本つうことで近場の表丹沢へ。今年は登攀系の沢はあまり行っていないのでちょっと緊張。10m以上の滝は絶対巻こうとすでに一人で勝手に決めていた。

400p1080978 戸沢山荘前に車を止めて入渓地点まで いくつか堰堤を超え、水無川本谷へ入る
400p1080979 こんな感じをしばし歩く
400p1080981 水無川本谷 F1 最初の滝 左側に鎖がありそのラインから登る
400dsc02712 さすが表丹沢 主要の滝には標識
400p1080989_2セドノ沢左俣へ 表示つき
400p1080985 セドノ沢F1 右から
400p1080987 セドノ沢F2 こちらも右
400p1080996 こちらは左から
400p1080999左俣大滝 巻くううううう! で、ちょい戻って右岸から巻く 素敵な巻き道じゃなかった・・・
400p1090002 これがあんがいしょっぱい登り 大高巻きになってしまった(安易に巻いたことを後で後悔)
400p1090004 ここの場所があまりにも気持ちよく、まったり後 このまま稜線にでちゃおうぜとなったんですが・・・直上するもけっこうしょっぱく・・・
400p1090032 横移動しつつ上がるも、いやらしいトラバース多数 
400p1090008 結局、ざれ場を下降、石もいっぱいおとし、沢へ復帰
400p1090009 滝登り再開
400p1090011 10m程度の滝 右から行きましたが・・・
400p1090034 シャワーになりました ちめたい
400p1090013 白竜の滝かな?
400p1090014 書策新道とぶつかるところで大休憩し遡行終了とする
400p1090039 書策小屋跡地まで
400400p1090040 ここを超えると登山道
400p1090019 稜線の風はそこそこに強かったですが、それが気持ちよかったです。あとは戸沢山荘目指して下山
今回はヒルにはすわれませんでした
2014/9/27
 
おじさん&おばさん(撮影の時にはお腹をひっこめてます)の今回の動画はこちら(なぜか葛根田川に行った時より時間が長い)

|

« 葛根田川 北ノ又沢へ | トップページ | ファンフォン »

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水無川 セドノ沢左俣(書策新道まで):

« 葛根田川 北ノ又沢へ | トップページ | ファンフォン »