« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月26日 (日)

大常木谷・アクシデント

7月25日大常木谷へ行っていました

400p1090598車をここに停めました。ここからの下りは急峻で慎重におりました

400p1090605一ノ瀬川、徒渉中 
400p1090610大常木谷出合
400p1090625五間の滝
400p1090637千苦の滝
400p1090651早川淵 ヌルヌルで足元注意 (フェルトがよかったかなぁ・・・)
400p1090668不動の滝一段目
400p1090669二段目 ここは左からまきました
400p1090686この先でアクシデント発生
400p1090687真ん中の岩が通行中に?落ちてきてarayan左足の膝から下に挟まって身動きできず シュリンゲ、お助けひも、バイルを使って30~40分ほどでで何とか脱出 足場がヌルヌルでテンパり度倍増・・・。arayanの指示でロープを木と岩にかけて引っ張り、バイルを挟んで持ちあげたら岩がほんのちょっと持ち上がり挟まったひざ下が抜けた
400p1090691救出後しばし休み怪我の状況等確認、会所小屋まで行き 再度、どうするか相談、大常木林道で帰ることにする 日暮れまでにムジナの巣まで行けば広い林道となり、今日中に病院にかかれるだろうという計算
400p1090696歩けてますが・・・・
その後、ムジナの巣からは広い林道になるので安全度も上がるため、そこからはおいらが先に下り 車を取りに行く 必死の形相で歩いていると、八王子ナンバーの白い軽自動車のバンが止まってくれて車まで乗せてくださった。車まで5~6キロの道のり 恐縮していると少しでも早く本人のところへ行ってあげてくださいと言ってくださり涙が出そうになった。本当にありがとうございました。
車を将監峠登山口に走らせあとからゆっくり歩いてきているarayan隊長をピックアップ。奥多摩病院に立ち寄りお医者様に見ていただく。ここでは検査ができないので青梅市立総合病院を進められ 救急外来へ そこでひこつ骨折が判明 コンパ―トメント症候群が疑われたため整形外科医がいる自宅近くの病院に救急搬送された 
初めての救急車、初めての入院にarayan隊長はワクワクらしいです
救出中においらも傷だらけになっていたようで洗い物をするときに手が沁みる沁みる・・・・
足や肩、二の腕などあちこちあざだらけでしたが、無事に救出できて医療機関でその日のうちに見てもらえてよかったです 会所小屋跡地から三ノ瀬までザレ気味の登山道を5時間歩きとおしたarayan隊長の頑張りにもあったうえででしょう 
事故報告は後日出す予定、現在作成中 (多分 arayanのブログかFBに掲載されると思います)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

梅雨が明けた

甲武信ヶ岳の帰り、丹波山村の道の駅で車中泊
とうとうやってきた寝苦しい夏が・・・
柳沢峠で寝ればよかったかなぁと後悔
で、

梅雨はあけ、真夏日 

こんな日は泳ぎの沢でしょ!と
400p1090593_2 出向いてみましたが
400p1090596 もうボチボチ減ってるだろうと・・・・まだ減ってませんでした(倉沢谷本谷の滝を上からのぞく)
今日は秋川だったか?それとも・・・・しかし楽しくないとこ行ってもやっぱ楽しくないし・・・
半日行程の沢じゃないと帰り混むし
と、思考停止に陥り 帰りました 帰ってそうめん食べました
来週の計画は12号のこともあるし
もう少し行動範囲を広げてありとあらゆるパターンで作戦を練る事にしましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観光のち甲武信小屋へ

3連休・・・・
出発間際まで行き先を悩んだ今回
なんせ、台風が持ち込んだ降水量は半端じゃなかった
雨量は丹沢>奥多摩>奥秩父 な感じだけど局所的にさまざまで
こうなったら見てから決めると出かけてみたものの 朝から雨
づめりんを西沢渓谷まで送る道々笛吹川を覗き込んでみると、
未来の苦労が手に取ってわかるような流れ
東沢の徒渉が何とかうまくいっても山ノ神から上が厳しそうで
明日も普通に沢登りできる量には減らないだろうなぁ・・・・・
そんなわけで観光!
4001437398216083 実は桔梗屋さんの信玄餅の詰め放題やってみたかったんだと向かうもどうやら早朝から並ばないとだめらしい

4001437398199596が・・・アウトレットでお安くいろいろ購入でき、すっかり満足

400p1060888 なんだか暇になったので桔梗屋さんで買ったお土産をザックに忍ばせて、めったに行かない毛木平経由で甲武信ヶ岳に行ってみることにした しかし相変わらずの雨 1:30に出発だからナメんじゃね~ぞと言われそう
400p1090557それにしても水流に勢いがある ここはナメ滝付近
400p1090560苔むしていて、まさに奥秩父 雨足強し 雨具脱げません
400p1060894 源流到着 天候の回復 思ったより遅いな・・・・
40020150718_162438 ここからもう一登り
400dsc03958 山頂に到着 雨があがる 素敵な風景が迎えてくれる
400p1060897そして今日の目的地に到着 すみませんやっぱりきました・・・時間は5:30を過ぎたころ・・・・
400p1060898そして 夜は更けてゆき
400p1090567朝のお茶タイム 
400p1090575で、記念撮影タイム またね~づめちゃん
400p1090579三宝岩から見る富士山
400p1090581しばし鑑賞
400p1090587三宝山
400p1060903大山
400p1060907くさり少々
400p1060906毛木平までもうちょいのところで雨
甲武信小屋から三宝山経由十文字峠のルートは変化に富んでいてなかなか楽しいルートでした
動画作成してみました
縦走の動画は難しいです。心のときめきが沢よりもちょっと少ないため作っているときのワクワク感が若干 減っているのかもしれません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

午後から水根

腰の状態もずいぶんよくなったので

職場の若者と前から約束していた沢登りへ
おいらのユーチューブの画像見せたら行きたい!というので・・・
キャニオリングはやったことあるらしいが 似てるようで違う沢登りの世界
う~ん どかなぁ・・・・
奥多摩でピックアップすることにして、当日
待ち合わせ時間になっても来ないのでおそるおそる電話をしてみると「今起きました・・・」
arayan隊長は今日はまたとない沢日和だし、水根だし 午後からでもと大人の発言
そんなわけで午後から水根となった本日(半日だしリハビリにはちょうどいいかもだし~)
400p1060866 400p1060863 400p1060867
真夏日を涼しく(むしろ寒かった)過ごせたのでヨシとしましょう。水量は中の上くらいかなぁ~
ウォータースライダーにドぼおおおんに水とよく戯れました
動画はRちゃんデビューの記録となっています
腕を蜂(多分、地蜂)に刺されて帰りの運転はおまけしてもらいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

晴山雨縫

4001436098264451梅雨まっただ中、先週 腰の都合上 山を控えたのですが、今日はそれなりの雨 奥多摩むかし道カッパウォークなんて案も出てましたが まぁ品よくおとなしくしておきましょう。

ロイホでモーニングしながら夏の遠征プランなど。。。天気次第ですが大まかなプランニングの合意は必要です
4001436098225939 で、うち帰って最近のマイブーム 縫い物 昔取った杵柄ってほどでもないですが生地をみると洋裁魂がうずく・・・ アウトドア用の素材をネットで検索しながら毎晩興奮しております メッシュとか、DWRとか、ダイニーマが入ってる生地とか~
4001436098238282 これはシルナイロン&リップストップナイロン 30デニーロと70デニーロ(多分)オレンジと白は大昔、arayanが個人輸入してくれたもので今頃活躍
4001436098181540 で、製作物 これはテレ靴入れ お荷物たくさんの電車移動のときもう少し快適な靴入れがないもんかと作ってみました。もう一個作る予定ですが、これを少々改造してみるつもり 素材は撥水加工のリップストップナイロン(多分)と普通?のナイロン
4001436098190768 これはとあるメーカーのエコバックをまねて作ってみたがネット画像だけでは持ち手のとこの構造がよくわからず適当 その部分が強度がイマイチなので改造が必要かなぁ。シルナイロン白と リップストップナイロン(多分)の紺を合わせてみました。肩にかけたくなるので長い紐も一本追加 
4001436098201445 エコバックにしようと思って裁断したものの 小さめになってしまいサコッシュにしてみた 袋状でひもを付けただけの簡単な物 しかしペラペラで果たして使うんだろうか  後日プラのスナップを付けようと思っています これもシルナイロン
4001436098276083 スタッフバック これも30デニーロのシルナイロン 防水性を高めるのであればシームテープをはればいいのでしょうが そこまで求めてないから。縫い方は袋縫いでしあげています 沢の場合は完全に防水じゃないと意味ないし 漬物用の丈夫なビニール袋2枚重ね(口はゴム縛り)の中にスタッフバック多数ってかんじで使ってます 
まぁそんなこんなで梅雨真っ最中の夜は更けてゆきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »