« 今年も定番?天狗原 | トップページ | NORIKURA ウエットところによりモイスト »

2016年3月29日 (火)

奥只見へ

水曜日の時点で寒気が入って週末は冷え冷え予報

寡雪のシーズン この時期のねらい目の谷川は藪と沢割れでちょっとなぁ~だし
しかも、天気もいまいち 雪マークなんぞもついていて
カリカリの上に雪が載ったわけで、高いところは多分リスキーだしなぁと
標高低いところでと越後の山をプランニング
たまにはピーク狙いのスキー登山でも
しかし土曜日には寒気は北陸の上空から去っていて・・・
それはそれなんだけど出向いた先は山肌が土と雪のミックス・・・
→奥只見スキー場でこそ練
64020160326_143736
日曜日は大事な用事で東京へ
で、公共交通機関利用で再び新潟
お休みをいただいていた月曜日には汗ばむ陽気
暑いの苦手なarayan隊長
宿の朝ごはんが7時
640p1080310_2 8時から行動開始
お互いじじばばなので歩くスピードも遅くなってますし
まぁとどくわけないですよね  計画が裏目裏目
640p1080338 そ~いえば、ここ歩くの緊張しました
 
640p10104001 道行山山頂付近
640p1010391 本日の目的地 遠いなぁ~ くやしいから 雪崩の観察なんぞしてメモメモ 眺めて下山
64020160328_131711帰り道 急峻な尾根を降る
今回行こうと思っていた山は自分にとっては滑るというよりも山登りかなぁ
まぁ白沢を落とすとかオツルミズを登り返しでで滑るっつうのもいいんだろうけど
斜面を滑る的にはこここら辺のエリアだと守門大岳の方が楽しいし(多分)
道行山からの沢筋は急すぎて雪崩のリスク高そうだし(特に本日はウエットスラブがバンバン出てましたし)
といろいろ言い訳と反省が尽きない週末となりました
自分への申し送りですが
天気はギリギリまでわからないので前々日の11時発表の天気予報で判断(専門天気図を追っていても若干のずれがありますし)当日も臨機応変に対応(計画書はネットで)
スピードがない分、作戦を練る
ロングツアーが可能なこの時期 宿はとらないまたは朝ご飯をおにぎりにしてくれるとか
早めでもOKなところとか(その点、いつも止まるM田は最高の宿ですw)
朝寝坊は厳禁
何をいまさらな感じですがね~
お気楽山スキーヤーのボヤキです・・・・。
で、去年も同じようにボヤいてました→
http://natutakifuyukona.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-633c.html
進歩と反省がないっす。来年も同じことぶつぶついってそう・・・。
64020160328_172127 帰り道、浦佐の駅前にあるレストランに立ち寄りアップルタルトを食べる。今日のご褒美、おいしかったなぁ
越後の山は田んぼの向こうに雪山がどっしり座ってる、なんだか山が近い。稜線からの山の風景に触れるとなんだか癖になってしまう山域だ。
だからきっと今年も来てしまったのかもって、そう思う。
来年もまた来ちゃうな、きっと
さて今週末・・・・・高度上げるかな

|

« 今年も定番?天狗原 | トップページ | NORIKURA ウエットところによりモイスト »

山テレマーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥只見へ:

« 今年も定番?天狗原 | トップページ | NORIKURA ウエットところによりモイスト »