« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月26日 (月)

下北半島の沢 大畑川支流 うぐい滝川

晴れました
しかしながら雨量がね~
こうなったら白神岳にでもいくかなどと、移動時間だけでもかなりかかりそうなプランを口走りブツブツブツブツ・・・。
とにかく水量の状況見て決めましょうということで現地で車中泊
河川情報では平水よりかなり多いけど 時間経過に伴い減水している
最終的には+10cm
支流だし行けるんじゃないかなぁとちょっと気合が入る 下北半島の沢なんてなかなかこれないし
穴場?的な存在にさらにワクワク
(この沢の存在はむつ山岳会のネットの記録で知りました 今回の遡行にあたって参考にさせていただきましたありがとうございます)
で、大畑川支流うぐい滝川へ入渓 水量は多いけどいけないほどではないので前へ前へ
640dsc08484 ここは入渓点の朝比奈大橋 林道の状況は良いとは言えずこの橋の手前1キロ程度のところに駐車

640201609240818521 入渓して最初に出てくるゴルジュチックな場所

640006012 早速ドボンするおいら
640006033 ここは木を利用して上がりましたがナメ滝が良いですなぁ
640dsc08569 長滝です ここを登って終了としましたが なかなかテクニカルなところもあり楽しめました
640dsc08577 滝見橋の手前で終了としました 林道は大雨のせいなのかぬかるんでました
興味のある方は動画でどうぞ
 
 今使っている動画作成ソフトの調子がイマイチでムービーメーカーで制作勝手がわからず たどたどしい仕上がりになっています(あしからづ)
連休に夏休みを絡めて東北遠征 天気、水量心配だったけど 晴れ間を狙って沢に行くことができホントよかったな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝坊と雨で観光

寝坊しました

完全アウェイなのでお山プランが思い浮かばない・・・・。

なので恐山&大間へ、次の日は雨なので馬見学 沢のアプローチの下見もしたっけ

640dsc05135 入山料500円はらって観光にいそしむ
640dsc08477 あの山のぼりたいなぁ
64020160922_115005 恐山内にあるお山 山頂?
64020160922_132126 で、薬研温泉 カッパの湯
64020160923_140517 大畑町たっくんのケーキ 美味しいです
64020160922_173408 大間へ
640dsc05161 尻屋岬で馬見学
山を見ると沢を思い 河川を見ても沢を思い観光してても頭の中が沢登り・・・・
23日は積算降水量60ミリ程度の大雨
夕方には雨は上がったけど 河川情報と天気予報が気になってしょうがない一日となりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南八甲田 逆川~バッカイ沢下降

夏休み&祝日・土日で恒例となりつつある東北遠征

天気が良いのは北東北 しかも青森なのでそちら方面へ
(降水量も周辺に比べると少な目だし)
白神行こうと思ったんですけどね~
タクシー会社に追良瀬大橋まで行けない 通行止めと言われ(ネットでは通行止めは解除になっていたんだけどさ)うううむ 2社ともだめで・・・。(連休前半は入れたみたいなので、どうだったのかなぁ)アプローチ敗退か?
まぁ、沢なんて天気や水量のタイミングで行きたい沢と遡行できる沢は違ったりすることが多いので、つまづいても代替えプランがあるさと
南八甲田で決定
積雪期はさんざんお世話になっている場所 沢もいってみることに
640dsc08334 水道管理用管理道路前の駐車スペースは先約が歩いて10分ほどの場所に停めて歩く
640dsc08337 ぬかるんでるけどわかりやすい道
640dsc05113 きゃっほ~晴れるとエメラルドがより美しく 逆川ブルー?
640dsc08352 いやまて、ブルーというよりもキラキラ黄色か?
640dsc08364 これは深緑
 
640005571 ほとんどが登れる滝でしたが、唯一登れなさそうな滝が 
640dsc08394 これは手前の左岸枝沢を登って
640dsc08396 その後巻き(明瞭巻き道)
640dsc08397 で滝上に出られた
640201609211201291_2 その後、出てきた素敵なナメ&釜
640dsc08422 最奥の二俣を左に行くと藪が覆いかぶさってきてちとうるさくなる
640dsc08432
やぶ漕ぎをすること数十分 じゃーん 草原に出ました ここでしばし大休憩 昨シーズン滑った櫛が峯が見えました
640201609211421131 バッカイ沢にたどり着くまでもうひと藪 背丈以上のヤブなのでコンパス&GPSで確認しつつ進む
640201609211423251 すると草原、その先に沢型がありそこから下降
640005711 幾つか滝がありましたが 懸垂するほどの滝はなくクライムダウンで降れました
640201609211701521 荒川出合からすぐのところに朝くだってきた水道管理用道路
640005761 国道103号に到着 ここから車まで分ほど
640dsc08467 夕焼けは車の中から 今日は夕暮れ前に行動終了
(今回の沢は岩手の酔いどれさんの記録を参考にさせていただきました ありがとうございました)
640dsc05132 温泉は温湯温泉鶴の湯 いいお湯でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

雨 そらよんへ

64020160919_135529 雨です なんとか天気が持ってくれたら丹沢か奥多摩へと思っていたましたが 今にも降りそうな空にあきらめて最近よく行くボルダリングジムへ (まぁ昨日も降ってるので水量も気にかかる)

64020160919_134035 できなぁい、いくつかの課題の一つを集中的に登る 離陸が難しく自分は絶対できないと思っていた課題 でけた
雨の日のご褒美?
天気予報、候補沢の準備となんだかくたびれた連休前半・・・
いろいろなパターンを考えとかなくちゃ せっかく現地まで行ったのに・・・・ということになりかねない
連休後半はまた北上かな・・・ 今度は沢登りしますとも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵王の沢へ 

まぁ看板敗退ってことで

風も強かったし
朝の天気予報も今一歩でした
なんか、気持ちがなえちゃったんですよね
そんなこともあります
64020160917_104041 ううむ いつもはチラ見 今日はガン見してしまった やけに気になっちゃって
64020160917_101300 ここで眺めて終了
64020160917_132250 遠刈田温泉の共同浴場 熱めで私好み
64020160917_171310 せっかくの宮城なので牛タン
次の日プランニングしていた沢は予想通りの雨模様
64020160918_130805 で太平洋側まわりで海鮮丼を食べて帰りました
このところ、登りたい欲望が強くてねぇ
なので自分に対してチキショー感が大きいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

おひとりさま 葛葉川本谷

土曜日は晴れ 日曜日は雨模様 そんな予報に行き先が二転三転

先日行きそこなった尾白川鞍掛沢乗鞍沢経由で日向山にでもとおもったがarayan隊長のおひざの調子がいまいちよくない 
そんなわけで晴れた土曜日に沢いけなくなる→沢を目の前にしておひとりさま日向山登山になるのはちともったいないので、もしものことを考えて何度か行ったことがある表丹沢 葛葉川本谷へ
朝、葛葉の泉までいって、やっぱり今日はやめとくとのことでひとりで入渓 
自分が独りでいける沢は数えるほどしかない。(水根、逆川、倉沢谷本谷、マスキくらいかなぁ)今まで人任せにしていた自分がちょっと憎いけど、まぁ今日はいつも以上に安全に、慎重に行きましょう
640dsc08219 で、葛葉の泉付近から入渓 ほんとすぐ入渓できて嬉しいかぎり
640dsc08224 そこそこに水量はあるかなぁ
640dsc08245 ひとりなのでガシガシ進んで板立ノ滝 もう一人いたらTOPで行かせてもらいたいと思っていましたが一人なので巻でしょう 先行パーティが先登ってください言ってくださいましたが、右の巻き道を上がりますと伝えて石などを落とさないように丁寧に行く
640dsc08250 大平橋手前の曲り滝 シャワーが楽しいところ 今日は暑いので積極的に濡れていく
640dsc08294 そうこうしているうちにスラブ滝(私好み) ここは左から上がってみる
640dsc08296 標高950m付近 靴が片方ぶら下げてある・・・?この先から尾根に取り付き三ノ塔尾根を目指して進む 
640dsc08300 踏み跡を絡めながらあ上がるがアザミやサンショウの木やらのとげをよけながらのツメとなる
640dsc08305 登山道に出ました ここから三ノ塔までひと登り 沢の後のひと登り結構つらいっす
640dsc08307 三ノ塔に到着 ここで沢装備を解除 ちょっとのんびりして下山
640dsc08324 葛葉の泉の先にあるゲートに到着 無事下山 水根沢の時もそうだったけどひとりだとせっかちな性格がもろに出てセカセカ沢登りになってしまいます。
沢友のわ! ひろげなきゃなぁと思った今週末でありました
ヤマレコ→http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-957817.html
(写真はダブってますけど)
今週末からいよいよ連休 行きたいと思ってプランニングしているところに行けるといいんですが、秋雨前線の動向も気になります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 8日 (木)

沢の前の準備 地形図のカスタマイズ

64020160908_081319 地形図のカスタマイズは朝のカフェで 1/10000にプリントアウトした地図に水線をひいていく 線を引きながら細かな地形を見れるので1/25000より老眼なお目目にはよいです 大きい沢に行くときは地図が大きくなっちゃいますが・・・

しかし、週末のプランニングは天気よって急変ですので
無駄になることも多し そのうち使うこともあるけど お天気の都合にあわせて準備万端にしておくのも自分の役割です
今週末は1泊2日の釣りデビュー沢登りだったんですが日曜日のお天気がイマイチなので
日帰りとなりいたく残念 まぁしかたありませんが 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村上でランチ

64020160906_131411_4 本日は大気の状態が不安定日だし移動日ということで日本海まわりで村上によってランチなど 新多久というお店を予約

64020160906_113702 わお
64020160906_114532 すてき~
64020160906_124904 ごぼうのご飯がまた美味
良い締めくくりとなりました
2016/9/6
さてシルバーウイークはどうなるかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 7日 (水)

嗚呼寝坊 前川大滝沢前半部のみ

まだ、休暇は残っているので本日は、昨日、一昨日の遡行ですっかり干からびてしまったのでプランの中から一番近くてバシャバシャ系の前川大滝沢へ行くことに

しかし関川の道の駅で力尽き車中泊

で、ああ寝坊・・・・寝苦しくて暑かったにもかかわらず・・・

体も疲労しているし滑川大滝を見学して帰ってくるプランに スマホで山形県警に登山届を送る ここを遡行するのは何度目だろう

滑川橋で入渓 少し水圧を感じる そういえば道路濡れてたな それでも遡行できないほどでもないし

640201609051103521 いいぞいいぞ~やっぱり滝登りは楽しい

640201609051125581 エメラルドグリーンの釜につかりながらバシャバシャ 今日も暑いので水遊びが気持ちよい

640dsc05093_2 滑川大滝に到着 今日はここまで

あ~楽しかった 楽しすぎます

ヤマレコ→http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-956189.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胎内川 楢ノ沢 鴨沢

毎年この時期にプランニングする北アルプスのとある沢 先日までの台風で水量は増え、行動日の天気予報も良くない 遡行するとしたら絶対平水と決めている そんなことだからいけないのだ でも、自分はずば抜けた突破力があるわけもなく、条件のいい時にしか行けないし行かないし。もしかしたらこの先もいけないかもしれない。思い続けるだけの存在となっているのかもしれないが、しばし思い続けさせてもらおうと思う

で、各地の降水量や天気予報を調べた結果 飯豊に行くことに 米沢に母が住んでいるので遡行後は立ち寄ることもできるし

奥胎内ヒュッテ手前に登山者用の駐車場がある(多分)そこに停めて車中泊 隣の車が準備を始めたらしくその音で目が覚めた よかった、今日は寝坊しなかった

その方たちも沢支度をしていて堂沢に入るという、すごいなぁ・・・自分は記録等に悪い高巻きと紹介されていたりすると選択肢からなくなるので ちょっとリスペクト

奥胎内ヒュッテは都会の人が好きそうなお洒落な建物だった

640dsc07971 で、胎内川の徒渉 水圧はそれ程強くないけど深いところでは体が浮く 今日は泳ぎを予想して下半身は秀山荘のネオプレーンを着用 しかし徒渉はあっけなく終わる しかも水はぬるいし気温も高い 標高が低いからなのかな

640dsc07976 アゲマイノカッチへの踏み跡は明瞭で取り付き口もあっけなく見つかる ブナがステキです。みおとして胎内川を遡行することになったら(ふふふ)と思っていたが、そうもいかなかった。ダム工事で通れない可能性もあるし

640201609031041541 山越えをして楢ノ木沢入渓 下降はちょっと迷ったが沢型を行く 赤テープが数か所ぶら下がっていたが浮石だらけで神経を使いつかれる ダムが完成すると楢ノ木沢前半部もダムの下らしい

640dsc08027 非常に暑い日だったので水線通しをいく 自分にとって困難な場所はなく快適に進めた 水は非常に綺麗だ 途中で岩に寝そべっていたら寝てしまった気持ちよくて癖になりそうだが、濡れた衣服なので通常は風邪をひきそうだが今日はとにかく暑く日陰でも全く寒くない太陽を浴びていると焦げそうな感じ

640dsc08075 幕場は590m付近 明日のことを考えるともっと稼いぎたいところだがこの先は良いテン場はないみたいとの記録があったなぁ

640dsc08077 お決まりの焚火 夜になっても気温が下がらず 寝汗をかく 

640201609040639231 朝になった ぬる~い風が谷を抜けていく 今日も暑くなりそう

640201609040646171 そんなわけで朝一というのに積極的に水に浸かれる ゴルジュが点在する谷だが水が少ないので容易にいける 多かったら苦労するだろうな 

640201609041047351 朝シャン(むろんシャンプーは無ですが)

640dsc08147 グングン標高を上げていくと坊主みたいな滝が 東北の沢に行くと一番最後がこんなのっぺらぼうずが出てきて悩ませてくれることが多い 巻も悪いし灌木もまばらだったりして今回もちょっと戻ってみたりとしばし時間を使う ここまで来ると地図読みも見極めも難しく(自分には)ここをこえれば稜線なんだけどね・・。結局ちょっと戻って南西に向いた支沢に入る

640201609041234261 ミニのっぺらぼうを強引にのっこしながらズンズンと進んでいくと突然ちいさな草原 ちょうど1300m付近で稜線

640201609041323021 さて、ここからがね 密藪です 樹木が伸びきって生き生きしちゃってる時期に藪漕ぎする辛さ おまけに暑い arayanリーダーは暑いのが苦手なのでバテバテでした 笹を狙って踏み跡も意識しながら進むわけですがね体が大きいほど不利ですわ

自分はというとネオプレーンのスパッツが暑すぎる 早く脱ぎたいがここでぬぐわけにもいかず 後悔

640201609041341081 ここは体が半分出ているのでラクチン ずっとこれくらいだったら楽勝なのに 

640201609041532241 やっとついた 時間かかったなぁ ここを1時間半ほどでこなしている過去の記録もあり凄いなぁとただただ感心 二王子岳山頂では昨日駐車場でお会いしたパーティもいて挨拶を交わす

640dsc08174_3 降りはコースタイムより遅いうちら 登りも早くないけど 慢性的に膝を痛めてるのでゆっくりくだってます そんなわけで今回も残業 時間配分を工夫しなければという課題が残りました

新たな山域に行けてワクワクしました。天気に恵まれましたが、いかんせん暑い!胎内水をがぶ飲みし続けた2日間でありました
ヤマレコ→http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-956151.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »