« 天然クーラー その2 奥多摩 倉沢谷本谷 | トップページ | 2017/8/5 西丹沢 マスキ嵐沢 みっちゃんとお二人沢登り »

2017年7月29日 (土)

表丹沢 葛葉川本谷 乳白色の稜線へ

64020170729_124123 葛葉川本谷を遡行してきました

アブは友だち ヒルは兄弟を合言葉に
みっちゃんと
が、兄弟には会えませんでした
なんでかな
今回は公共交通を利用してアプローチ
小田急線の秦野駅北口から秦51のバスに乗って15分
菩提原でおり葛葉の泉まで約50分の道のりを歩く
今日は空気が蒸していてどんよりと曇っているにもかかわらず非常に暑い
滝のような汗が吹き出しTシャツはぐっしょりと濡れた
みっちゃんはバイクで登場
640dsc09559 駐車場で身支度を整えヒルよけのディート入りスプレーをしこたまふりかけ入渓
640dsc09565 葛葉川本谷は威圧感のない滝が続く 誰かについていく沢であれば物たりないと思うかもしれないが自分がリーダーとしていく沢なので物足りている・・・そんな感じ
640dsc09570 水のヒンヤリ感が気持ちよい 極力シャワークライミングで登る ここは2人組が先を譲ってくれた
640dsc09595 板立ノ滝 いつも登る右壁から 上部の一手が反り気味なので念のためロープを出す
640dsc09623 815mの二俣の先に見えてくるのが富士型ノ滝
正面右のクラックっぽいところからあがる みっちゃんにはロープをだした 
640dsc09640 途中、やまゆりが咲いていて目を楽しませてくれる
640dsc09641 940mを左に進むと2段くの字状スラブ6m のっぺりした滝はステルスソールが得意とするところで楽しい 簡単な左からあがる フェルト底のみっちゃんにはお助けひもを出すがひょいひょいと上がってくる
640dsc09642 その先は二俣 右に行くとガレ場が待っていて(過去にいったことあるなぁ) 左沢へ行き崩れ気味の滝を上がりつつ左の尾根にあがることにする
640dsc09644 泥のザレ 岩は脆いし 確認しながら慎重にあがる
640dsc09650 乳白色~結構好きなんです このかんじ それにしても蒸し暑い
体が脱水しそう
640dsc09654 三ノ塔 到着 ガスガスですね 一瞬の清涼 ここは涼しかった
64020170729_124446 おにぎりタイム みっちゃんのたらこおにぎり 私のおにぎりは焼き明太子
640dsc09657 しばし休憩後下山 蒸し蒸しで下山も汗だく 下界は雲の向こう
640dsc09661 二ノ塔尾根で下山 急です
160dsc09665 葛葉の泉に到着 給水 美味いっす
64020170729_150747 駐車場の一画で身支度を整え下山 途中の無人販売所でつい野菜を買ってしまう さらにザックが重くなり・・・わかっちゃいるけど主婦の悲しいサガです
64020170729_153217 菩提原からバスで秦野に戻ります
ちなみにここの標高が200m程度なので 今日は標高差1000mの山行だったと、ひとりで感心
明日も沢に行こうかと思っていましたが暑さでばてて休養日にすることにしました
ふうう
ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1209485.html

|

« 天然クーラー その2 奥多摩 倉沢谷本谷 | トップページ | 2017/8/5 西丹沢 マスキ嵐沢 みっちゃんとお二人沢登り »

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517890/65596018

この記事へのトラックバック一覧です: 表丹沢 葛葉川本谷 乳白色の稜線へ:

« 天然クーラー その2 奥多摩 倉沢谷本谷 | トップページ | 2017/8/5 西丹沢 マスキ嵐沢 みっちゃんとお二人沢登り »