« 谷川 湯檜曽川 白毛門沢 | トップページ | 朝日連峰 祝瓶山 »

2017年9月30日 (土)

谷川連峰 万太郎谷 井戸小屋沢右俣

平日に休みをいただいていたので

行きたかった井戸小屋沢へ
自分の力ではまだまだ(多分一生)無理な沢なので
豊野さんにガイディングをお願いした
10月になるとグッと気温も下がってくるし今のうちと思っていたら
強い寒気が入ってきてしまった
しかも前日は雨で南関東では土砂降りの雨
沼田でピックアップしてもらい
現地の土樽自然公園でビバーク トイレもあるしいいとこだ 
(今度、万太郎近辺に行くときはここで寝よう)
北関東でもそれなりに雨は降っていたらしい
新潟に入ると路面は濡れていた
朝起きると寒い
気温がぐっと下がっている
もう、水に浸かる季節じゃないなぁと思わせるほどの寒さ
早起きはしたが少し出発時間を遅らせて
いろいろ着込んで入渓 水量はやっぱり多め 水に勢いがあるが遡行できないほどではない
640dsc01014 入渓 堰堤は濡れたくないので右側から
640dsc01024 万太郎のナメ 水に勢いがある 綺麗だなぁ 朝日が当たってキラキラしてます
640dsc01031 いつも左から行く魚止めの滝?今日は右から トラロープが垂れている手前あたりから登ってトラロープ沿いに直上 巻に入ります
640dsc01030 ここから巻き上がります
640dsc01046_2 オキドウキョ 今日は水遊びしません 右岸から巻き
640dsc01048 おおお、キノコだ~
640dsc01065 で、井戸小屋沢に入って最初の滝 
640dsc01085 イイ感じ
640dsc01098 小障子沢の出合付近の滝 結局、右から巻いてこの上の滝もまとめて巻いて懸垂で降りる
640dsc01099 これは巻きに突入しているところ
64020170929_103417_2 この滝の手前のなんでもないところで滑って転んで岩と熱いキスを交わした・・・。前歯を打って口の中が切れて滴るほどの流血。でしばし休憩(10分程度直接圧迫止血)ドラキュラになったあたし・・・
640dsc01105 空が再び青くなってきた
640dsc01121 15mの滝 快適なクライミングで上がる
640dsc01133 本谷(左俣)との二俣
640dsc01138_2 右俣に入ってからの滝 ここはロープ出してもらいました
640dsc01139 登る豊野さん
640dsc01147 この滝がヌメリ気味でおいらにとってはちょっとしょっぱかった 
640dsc01154 ホールドが結構もろくて じわじわ上がったところ
640dsc01160 詰めあがっていくとトラロープが・・・ 信用できるか確認しつつあがる
640dsc01163 やった~稜線!朝出発してから6時間半 豊野さんに必死についていったおいらです
64020170929_133336 眺めがよく 風もさわやか気持ちの良い時間しばし稜線でお休みして
64020170929_133234 ギアを乾かす豊野さん
640dsc01170 下山開始
640dsc01177 途中、キノコを探しながら これは食べられるそうなのでお土産
640dsc01180 吾策新道 滑る~ ずるずるしながら下山
ヤマレコ↓
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1271760.html
(写真がダブったりしてます)
64020170929_161828 下山後岩の湯へ
64020170929_174840 その後、湯沢の某所で宴会 雨の中気にせず飲む!近所に住むゆーこりんがちょっと飛び入りし その後ビバーク なんか充実した一日だった
64020170930143900 おうちに帰ってキノコ汁 
すっかり満たされて、もうちょっと井戸小屋沢の余韻に浸っていたいそんな気分
豊野さんに感謝・・・
明日は沢に行くのはやめてボルジムかなぁ

|

« 谷川 湯檜曽川 白毛門沢 | トップページ | 朝日連峰 祝瓶山 »

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷川連峰 万太郎谷 井戸小屋沢右俣:

« 谷川 湯檜曽川 白毛門沢 | トップページ | 朝日連峰 祝瓶山 »