« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月27日 (木)

雨なので温泉にでも

昨日は下山してから温泉に入ってご飯を食べて米沢の親宅に移動
そのまま布団に倒れこむように寝て朝を迎える
何だかのどがイガイガして痛みがある・・・
どうやら風邪をひいてしまったらしい
予報通り雨なので洗濯を終わらせ姥湯温泉へ
滑川温泉よりさらに山奥の地にある一軒宿でお湯の色は乳白色

640dsc03178

温泉にのんびり浸かったあとに 次回の連休のプランについて
あれやこれや話す
さてどこ行くかなあ
こちらに向かってきている台風の影響も気になるところだし
どちらにしてもお天気次第
今回だってプランは二転三転したし 
行きたいところと行けるところは異なる
プラン通りに山行ができればそれに越したことはないが
なかなかそうはいかないもんだ
初日の羽黒山と二日目の月山と東補陀落
三日目の蔵王の沢、そして四日目、歴史ある姥湯温泉に浸かる
日常とは異なるいろいろな風景に巡り会うことができて飽きることのないこの数日
ちょっと遅めの夏休みが終わった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

2018 秋 月山

二日目 秋分の日
月山へ。
朝は6時過ぎに出発。風が強くガスも濃かったがこれから天気も好転する予報なので、少し厚着をして登っていく。幻想的な山の眺めも素敵だし。

640dsc02361
案の定、7時過ぎにはガスが抜けて青空がひらけてきた。
ちょうど、その瞬間にこの場にいれたことに心が満たされる。

640dsc02400
日が差すと暑くなってきたが、まだ風が強いので気持ちはよい。

640dsc02420

山頂について少しのんびりして下山にかかる。もうひとつ行きたいところがあるので足早に降る。

640dsc02460

640dsc02463
中の宮で御朱印を頂きしばしの休憩。
そして、今日の本命の東普陀落へ。ここにお参りがてらいきたかった。

岩場好きってこともあるけど。月山の修業の道をあるいてみたかった。

10時過ぎに出発 ちょっと迷ったが踏み跡にのれた

640dsc02492

岩場について下山を開始するもルートを見失い同じところをいったり来たり。登山道を外すと藪漕ぎが待っている。あああ、お釈迦様に怒られちゃったかなぁ…
ひとりだと気持ばっかり焦ってねぇ

地図とコンパスを見ながら少々藪をこいで登山道復帰。方向的にはあっていたがヤブに阻まれると疑心暗鬼になって動転してしまう。ここは慎重になるべきところだった。反省・・・。今日は寄り道しないで帰ることにしよう。

640dsc02524

帰り道の景色も見事・・・ 手をあわせる   
1時半前に中の宮に帰り、車に戻る。
相方が仕事が終わるまでまだ時間があるのでゆぽかでまで下りてまた月山8合目まで戻る。

640dsc02535
待っている間に天気チェック。

25日の天気がよくないので泊まり沢はなくなったな~
しかし、明日はお天気持ちそうだとちょっとテンションがあがる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと遅めの夏休み 初日は雨 羽黒山へ 2018/9/22

ちょこちょこ休みはとっていたが、自分的にはやっと夏休み。相方の休みは24日からの3日間。もし天気が好転したらガンガラシバナに行きたいなぁと泊まりの沢道具をもって仕事帰りに羽田から飛行機で庄内空港入り、鶴岡の駅前のビジネスホテルに泊まる。明日、明後日は天気見ながら適当に動こうかなぁ程度の行動計画。
 次の日の朝、月山山小屋勤務の相方の車を借りてお出掛けしようと月山八合目行のバスをまっていると、なんとAちゃんに遭遇。おやまぁビックリの偶然。バスの中でおしゃべりに花が咲き、羽黒山に行くという彼女たちをバスの中から見送った。
20180926_172738

雨と霧の月山八合目に到着し、車にザックをほおりこみ、今日は羽黒山の参道にある二の坂茶屋で餅を食べる計画に変更。一端、参道入口付近まで車で降りて階段をあがる、荷物も軽くひょいひょいあがっていくが、もうちょっと味わいながらゆっくり登りなさいと神様に言われそう…

20180926_172903

二の坂茶屋に到着。餅好きにはたまらない甘さ控えめのきな粉とあんことお餅のハーモニー♥そしてお抹茶。

20180926_173347
再び階段をあがり羽黒山に到着。羽黒山バス停付近のお餅も美味しいよと相方からメール。せっかくだからと再び茶屋で休憩。こっちのお餅もお薦めだよぉとAちゃんに連絡したらなんと近くにいたらしくお店で合流、宴会と相成りました。(自分は車なのでノンアルでしたが)

20180926_173201
その後、羽黒山御朱印ツアーにご同行させていただき賑やかな楽しい時間となりました。

20180926_172956

初めて知った御朱印の存在
ありがたい旅が始まった…はじまったのか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

西丹沢 ヤビキ沢左俣左沢

悩ましい天気予報に

沢プラン6通り
奥秩父の有名どころK沢や上越のK子沢その他もろもろ
結局、先週kamog先生の講習会で行った沢の左沢から詰めてみようということに決定
今回もソロなので隊長にご意見をいただき、自分に相談して決める
640dsc02831
ヤビキ沢のナメは いい雰囲気
短いけど丹沢にしては上出来です
途中の巻きでちょっと危険なルーファイをしてしまって
反省点もいくつか
640dsc02855
今日は湧水帯にさく白髭草鑑賞も目的のひとつだった
640dsc02868
後半は枯棚のクライミングとなる 簡単だけど
浮石や岩がもろくて気が抜けない
64020180916_121640_2
テシロノ頭の指導票のところに詰めあがる
ここからつつじ新道の分岐までひと頑張り
登りついでに檜洞丸までいってみた
64020180916_151703_2
西丹沢方面に行ったときはここ
64020180916_180144_2
帰り道にあるオギノパンのあげぱん 美味しい~
今日もいい汗かいたなぁ
ヤマレコ↓
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1583915.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

Kamog先生の講習会 西丹沢 ヤビキ沢左俣右沢

kamog先生の沢の記録を見てて行きたくなった沢
丹沢にも歓声を上げたくなるナメがあるんだ~と
しかも後半は涸棚のクライミングも楽しめる
今の自分の気分にぴったりだ!と申し込んでみた
640daab9d1e1fe7042ea1270d4746a12fde
これは気に入っている写真
640dsc02688
水量は多め 苔が洗い流されてるようでフリクションは
ばっちり
640dsc02697
ヤマホトトギス 素敵
640dsc02711
左俣はいりまぁす 奥に見える滝は左から巻き
640dsc02720
いい感じの滝
640dsc02736
かわいい
640dsc02729
湧水帯 水が冷たくておいしい
640dsc02743
右沢入口確保されてるんで・・・楽しいクライミング~
ご一緒したSさん リーチあります
640dsc02750
25m大棚 上部CSが核心だけど下部の出だしもムズイ
640dsc02769
下山は読図でバリルート 
ナメ→湧水帯→涸棚→お花→バリルート下山で久々の充実な一日
Tさんによるとシロヤシオの時期がよいらしいとのことですが
相方が出稼ぎから帰ってきたら左俣左沢(右沢より容易らしい)に
いってみようかなぁ
詳細はヤマレコにkamog先生がUPしてくださっています
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1579690.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

午後から伊勢原射撃場

午前中はお仕事でした

ううむ今日の日をどう過ごそうかといろいろ悩んだ末
毎晩の練習(据銃)の成果を試したく伊勢原射撃場へ
高速使えば3時過ぎには到着できるだろう
で、ダッシュで帰って車を走らせ
3時半ころからスタート
64020180908_151714
まだルールがイマイチ覚えられないのでメモに書いてカンニング
ジャパンルールでシングルでノータイム
バンバンと当たる方たちを横目にマイペースで・・・
64020180908_160403
雲と青空のコントラストがステキな日でしたが
時折パラパラとにわか雨も
高速から眺める丹沢山塊の稜線付近は雲に覆われていた
64020180908_160917_2
カマキリさんが遊びきておりました
まぁ、一桁後半は当たるようになりましたが
これじゃまだ猟にはい連れて行ってもらえそうにないなぁ
練習の成果は出ているとはいいがたいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

〆はシュークリーム

9月2日の日曜日伊勢原射撃場へ 

雨模様だったのでフリーでうちに来てる人は
朝一の時点で私一人
初めてのフリー利用で勝手がわからず挙動不審人物に・・・
常連さんやスタッフの方が優しくいろいろ教えてくださり
ふううう なんとか無事に75発終了
64020180902_100803_3
新しい耳栓を購入し試しにつかってみました
狩猟用にと思っておりますが・・・
で、家に帰ったのがお昼過ぎ
64020180902_172621
そんなわけでそらよん 
今日はナカナカ落とせない課題と敬遠していた
薄被りを少々
靴下を忘れたのでそらよんで購入
クライミング用の靴下らしくシューズの中で滑ら~ず
SOXらしい 私的には靴下のホールド感が気に入りました
64020180902_182933_2
で、いつものカフェでシュークリーム
美味!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表丹沢 小草平ノ沢 2018/9/1

明日はどうしてもどうしても沢に行きたいなぁ

お天気的には中止的な感じだけど
抑えきれない沢欲がムクムク
アメダス&GPVを何度も見て 奥多摩<丹沢→西丹沢<表丹沢
の勝利(奥多摩の行きたい沢は水量が多そうだし・・・)
天気予報は大気が不安定 雷雨がここのところの定番
そんなときは半日の沢で逃げ場があって
水量はそんなに多くなくて
しかし、クライミングは楽しみたい
一人なので一度トレースしたことがあるとこ
勘七ノ沢予定でF1の滝がちょっとでもひょんぐってたら
小草平ノ沢に転進プランとした
転進内容も登山のコンパス(登山届)に明記しネット提出
自分の車を走らせ下道利用で表丹沢県民の森駐車場へ
行動開始は8時30分頃になってしまった
二俣で沢支度 足元にヤマビルファイターをしこたまふりかけて入渓
640201809010918132
堰堤を越え、勘七のF1 ううむひょんぐってるといえば
ひょんぐってるし
多くはないけど、ほんのちょっと多いかなぁと
自分の気持ちが逃げ腰だったのでしばし眺めて小草平に転進
まぁ一人だし天候も悪化傾向なので保守的な判断にするってことで
640dsc02600
で、小草平 最初の滝5m 一応、オブザべしながら
淡々と滝を登っていく
こんな感じの滝がいくつも続くのがここの特徴かな
640dsc02623
CS左から無理やりあがる
640dsc02632
735m二俣 左側にある7mノ滝
640dsc02635
右凹を行くも途中で右足を乗せようとした岩が
はがれて落下 両手のホールドがきいていたし左足も
安定していたので自分は落ちずに済みましたが
疑ってかかれを忘れておりました
640dsc02636
真ん中に転がっているのがはがれた岩です
落ちてわれておりますが・・・・
ビビッて下降して右壁を行きました
640dsc02644
ここの二俣は左 でしばし歩くと源頭 登山道を歩く
登山者が見えてくる 薄い踏み跡を辿って稜線
640dsc02656
堀山の家前を通過し小草尾根の植林作業経路を
使わせていただき下山
640dsc02665_2
二俣にあった管理捕獲の掲示
狩猟免許を持っているので、ついじっくり見てしまいます
640dsc02667
戻ってきました
それにしても車の台数が少ない(朝の時点で
3台でしたから)
半日工程でしたが久しぶりに沢に行けて、無事戻ってこれて
満足でした。
ちなみにヒルさんにはお目にかからなかった本日でした
ヤマレコ↓
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1573545.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »